2016年01月24日

東儀秀樹 日本の歌

雅楽の練習は「口ずさみ」をすることから始めるそうです。

いきなり楽器を使うことがない、というのは少し驚きましたが
言われてみれば納得もできます。

現代のように楽器が簡単に作れて溢れまくる時代からの
ものではないし、雅楽自体が「人」に聴かせる音楽ではなく、
神様」に聴いてもらう音楽だからしっかり「口ずさみ」で
イメージトレーニングをして、それが出来たら楽器を使っての
練習に入る。 素晴らしいです!


東儀秀樹 / 日本の歌
日本語の美しさ日本の歌の旋律の優しさ、を是非!!

1. 朧月夜
2. 浜辺の歌
3. さくら さくら
4. 海
5. 夏の思い出
6. 赤とんぼ
7. 冬景色
8. 七つの子
9. 荒城の月
10. 椰子の実
11. もみじ
12. 雪~ペチカ~春が来た
13. 仰げば尊し
14. 夕焼け小焼け
15. 故郷
16. 越天楽今様
17. 君が代


日本の歌 [ 東儀秀樹 ]

日本の歌 [ 東儀秀樹 ]
価格:2,745円(税込、送料込)





● 音楽療法

● 美人中村姉妹のシークレット・ピアノレッスン!

● 今日もいつものスタンディングバーで逢いましょう♪
posted by ばいかる at 05:21| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEO 対策テンプレート